世界四季

アクセスカウンタ

zoom RSS Kerbal Space Program 1.2.2.1622

<<   作成日時 : 2017/04/20 22:04  

トラックバック 0 / コメント 0

画像

最近Kerbal Space Programのプレイを再開しました。
DLCが開発中と知って久々に起動してからどっぷりです:)


画像

バージョンは1.2になっていました。
MODとして存在していた通信の概念が公式にCommNetという形で追加されています。
無人機は母星から通信で繋がっていなければ操作不能となります。
遠い星の探査には通信を中継する衛星が必要になるようです。
これは面白い仕組みですね:)


画像画像

前回プレイから時間が経っているので操作を完全に忘れていました。
近場の衛星のMun探査すら一苦労です。

画像画像
画像

そして着陸脚付け忘れという設計ミスの機体でMunへの着陸を強行して大失敗。
何とかロケット上部は生き残れたので運良く帰還できました。


画像

次に母星のもう一つの衛星であるMinmusに向かいます。
無事帰還できる自信が全くないので無人機でチャレンジ。


画像

途中から母星との通信状況が酷くなっていきました。
母星からそれほど離れていないのになぜ?
と思っていたらアンテナを展開していませんでした。
無人機ならではのアクシデントを早速経験できました:)


画像画像

その後は大きな問題もなくMinmusに到着。

画像画像

しかしパラシュートを付け忘れていました。
母星に着陸して調査成果を持ち帰ることはほぼ不可能です。
諦めてCommNet経由で成果を送信して機体は地表にぶつけて処分しました。
次回は有人着陸まで目指したいところです。


画像

無人機の捨て身の調査のおかげでScience Pointがそこそこ貯まりました。
どのパーツをアンロックしようか迷います。
折角自動操縦MODを入れているので打ち上げ自動化を図るのも面白そうです。


画像

DLCであるMaking History Expansionのリリース時期はまだ未定の様子。
待ち遠しい限りです:)



画像

Humble Bundleでは宇宙に関連したゲームのBundleが開催中です。
$15の支払いでOffworldとGalactic Civilizations IIIが貰えます。
更にRebel Galaxyなども付いてくるので非常にお得に感じます。
しかし4XやRTSなど苦手なジャンルがメインなので購入に躊躇してしまいます。

画像画像画像

宇宙というテーマ自体は大好物で色々手を出してはいるのですが:)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Kerbal Space Program 1.2.2.1622 世界四季/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる